太陽光発電は経済的で地球地球にやさしい発電システムです。

HOME > 太陽エネルギー・知ってトクする基礎知識 > 地球環境

地球環境

豊かな地球を未来に残そう!!
化石エネルギーの大量消費がもたらす地球温暖化、酸性雨を要因とする環境破壊、また化石資源そのものの枯渇・・・。
私たちの暮らしが便利に、より豊かになるのと引き換えに、地球の環境はどんどん悪化しています。

この地球環境の悪化に、私たちが使っている電気が関わっていることをご存じですか?
近年、都市部でささやかれる「ヒートアイランド現象」による気候の変化は、その最たる例で、地球温暖化の原因となっているCO2増加は、石油や石炭といった化石燃料をエネルギーとする発電システムが大きく関係しています。
このままCO2増加にともなう気候変動が続けば、動植物などの生態系への影響や、海面上昇による陸地の水没など、地球環境に大きな影響が出ると懸念されています。

化石燃料を使用しない太陽光発電システムは、資源保全・CO2排出削減に大きく貢献し、「環境保全に直接貢献できる!」発電システムなのです。

太陽光システムの貢献度

例えば、3kwの太陽光システムを導入した場合の貢献度を下記に表します。

1.資源の保全貢献度

石油に換算すると年間792L分の貢献年間で3,260kWhの電力を発電します。この電力を火力発電で得ようとすると、必要な石油は約792リットル。
つまり、石油資源の保全に貢献できるということです。

3kwシステムで晴天時2100w発電晴天の日中時、平均約2,100Wの発電ができます。これは、電力会社からの供給無しでほとんどの家電製品が同時に利用できる発電量。
電気代が助かりますね〜。
石油資源の貢献も大事ですが、我が家の電気代はもっと大切です。

- 太陽光発電システム導入前 太陽光発電システム導入後
電力消費量 5,072kw/年 1,812kWh/年
CO2排出量 954kg-C 341kg-C

2.CO2排出削減貢献度

年間で3,2600kWhの電力を発電しますが、この電力を火力発電で得ようとした場合、613kg-CのCO2が発生します。
これは、日本の森林約750m2gが年間に吸収する二酸化炭素量に相当し、太陽光発電システム導入により、これだけの二酸化炭素排出削減に貢献しているということなのです。
このCO2の発生を抑えることで,地球温暖化を防ぐことができるのです。

年間3260kWhの発電で613kg-cのCO<sub>2</sub>を削減。これは森林750u分に相当します

太陽エネルギー・知ってトクする基礎知識

* 太陽光発電の基礎知識 |* 太陽光発電のシステム |* 太陽エネルギーの経済性 |
* 太陽電池とは? |地球環境 |* 補助金・優遇制度 |

太陽エネルギーにつきまして関心をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください!

フリーダイヤル:0120-419-007 年中無休

お問い合わせはこちら

太陽エネルギーの販売、施工、修理、点検 セオハウスコウプ ページトップへ戻る