太陽電池のしくみはこのようになっているのです。

HOME > 太陽エネルギー・・知ってトクする基礎知識 > 太陽電池とは?

太陽電池とは?

太陽電池の構成

図:太陽電池の仕組みについて

太陽電池は電気的性質の異なるN型半導体(N型シリコン)とP型半導体(P型シリコン)を合わせた構造で、それに電気を取り出す電極と反射防止膜(太陽電池の表面での反射の防止)があります。

半導体の性質

半導体について

半導体の原子は、太陽光があたると「+」の電荷を持つ正孔と、「−」の電荷を持つ電子に別れる性質があります。発見した人はエライですね。
この「+」と「−」の発生が、電気をつくり出す大切な現象となります。

太陽電池のしくみ

太陽電池の仕組み

太陽電池に太陽光があたると半導体は「+」と「−」の電気を発生します。その電気は「−」の電気が集まりやすいN型半導体には電子が、「+」の電気が集まりやすいP型半導体には正孔が集まります。すると、それぞれの半導体が電気を帯びることになり、電池としての働きを持つ状態が生まれます。

それぞれの電極に電線をつなげば、それに電流が流れ、太陽電池から電気を取り出すことが可能になります。
この反応は太陽光が強いほど、たくさんの電気を取り出すことができます。
これからは、太陽が恋しくなりますね。

太陽電池の種類

図:太陽電池の種類について

太陽エネルギー・知ってトクする基礎知識

* 太陽光発電の基礎知識 |* 太陽光発電のシステム |* 太陽エネルギーの経済性 |
|太陽電池とは? |* 地球環境 |* 補助金・優遇制度 |

太陽エネルギーにつきまして関心をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください!

フリーダイヤル:0120-419-007 年中無休

お問い合わせはこちら

太陽エネルギーの販売、施工、修理、点検 セオハウスコウプ ページトップへ戻る