自然冷媒を使ったシステムでや環境に優しいエコ給湯の基礎知識です。

HOME > エコ給湯の基礎知識

エコ給湯とは

エコ給湯は、自然に優しい給湯機です。その仕組みをご案内いたします。

夜間電力と高効率で光熱費が安くなります

エコ給湯の電気代は電気温水器の約3分1のだと言われていますが、本当でしょうか? その仕組みを知っていただくと納得していただけると思いますよ。(^^)
重要なのはその安い光熱費を可能にした物質で、エコ給湯の最大の特長である「自然冷媒」のCO2なんです。
CO2を使った電気給湯機がエコ給湯なのですよ。 ヒートポンプのしくみは、大気の熱をコンプレッサーで汲み上げて熱エネルギーをつくり、そのエネルギーでお湯を沸かすというシステム。
中学理科での「雲の出来方」に実はヒントがあります。気圧が下がると気体の温度は下がります。その逆が、エコ給湯の原理。つまり、CO2を圧縮すると、それだけで気体の温度は上昇するのです。
ヒートポンプの冷媒にフロンを使っていたこれまでは、高温にするために補助ヒーターが必要でした。しかし、自然冷媒である CO2を使うことによって、作り出される熱エネルギーは通常の電気エネルギーの場合より約3倍高い熱効率で作り出されます。従って、90度の高温沸き揚げがヒーター無しで可能になったのです。
しかもこの電力に、夜間電力を利用することで、大幅に光熱費が節約できるというわけですね。うれしいですよね。 一般に家庭で使われている電気エネルギーの中で、給湯に消費されるエネルギーの割合は約30%といわれていますから、 給湯にかかる費用が下がることは、確実に光熱費削減につながります。


自然のエネルギーだから環境に優しいんですね

環境問題が世界的に取り上げられていますが、オゾン層破壊や地球環境などが破壊されると私たちにどんな影響があるでしょうか?
例えば、オゾン層が破壊されると、人体に有害な紫外線の降り注ぐ量が増え、大きく影響すると言われています。また、化石燃料の大量消費による地球の温暖化など、世界中でこれらをくい止めるために色々な取り決めがなされようとしているのが現実ですね。
エコ給湯は、冷媒に環境破壊の原因となるフロンを使わず、自然エネルギーのCO2を採用しています。
このため、オゾン層破壊係数は、地球温暖化係数は従来のフロン系冷媒の約1700分の1という、環境へやさしい給湯機です。あなたも地球環境を守る生活を始めてみませんか?

快適性や安全性など、使い勝手は従来通り

エコ給湯の使い勝手は、今までの電気でお湯を沸かす電気給湯機と基本的に同じです。 湯量や湯温が一定に保てて、スイッチひとつでいつでも快適にお湯ライフが楽しめる給湯機です。
フルオート機能やリモコンタイプ、追いだき機能など、ライフスタイルに合わせて選べます。
フルオートタイプは、お湯はりから保温、足し湯まで、スイッチひとつの操作で出来て、しかもすべて自動です。 タイマーを使えば、お風呂に入りたい時間に勝手に準備してくれますから、仕事で帰りが遅い方やお年寄りだけでお住まいのご家庭などには最適。 もちろん、シャワーや2階での給湯も可能ですよ。 つまり、エコ給湯の快適性や安全性は、電気給湯機とほとんど同じです。 エコ給湯は、熱源も使い勝手も電気給湯機と変わりませんが、一つだけ大きく違います。それは、湯を沸かすシステムです。 電気給湯機はヒーターで沸かし、エコ給湯はヒートポンプで沸かします。そのため、ヒーターが内蔵されたタンク一つの電気温水器に対して、エコ給湯はヒートポンプユニットと貯湯ユニットのふたつからなります。
大きく違うのは、本体価格ですね。エコ給湯は、電気温水器と比べると高額になります。 しかし、ランニングコストが電気温水器に比べて約3分の1という低さですから、長い目で見ると決して高い買い物ではないはずです。 そのうえエコ給湯は、環境にやさしい機器ということで、「補助金制度」がありますから、新築・リフォームの時は、エコキュートを検討してみてはいかがでしょう。
あなたも環境保全の仲間入りができますよ。

太陽エネルギー・知ってトクする基礎知識

|太陽光発電の基礎知識 |* 太陽光発電のシステム |* 太陽エネルギーの経済性 |
* 太陽電池とは? |* 地球環境 |* 補助金・優遇制度 |

エコ給湯につきまして関心をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください!

フリーダイヤル:0120-419-007 年中無休

お問い合わせはこちら

太陽エネルギーの販売、施工、修理、点検 セオハウスコウプ ページトップへ戻る